Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Rumours

f:id:akira1987sasaki:20180320003457p:plain

 Fleetwood Macが1977年にReleaseした11th Album。UK・USで1位を記録し、Worldwideで4000万枚以上Salesした名盤だ。

 

AlbumはPitchforkやRolling Stoneなどが満点の評価を点け、Rolling Stone's 500 Greatest Albums of All Timeの25位に選出された。またGrammy Award for Album of the Yearを受賞している。

Openingは「Second Hand News」で、Lindsey BuckinghamがSongwriter。Lindsey BuckinghamはPop Senseに長けたWriterで、他に「Never Going Back Again」と「Go Your Own Way」を担当している。

「Second Hand News」は高揚感たっぷりの軽快なFolk Rock。OpeningにピッタリのTrackだ。

「Never Going Back Again」もFolkだが、こちらは喜劇的なNuanceが強い。

Highlightは「Go Your Own Way」で、Billboardで10位を記録。胸が高鳴るような希望に満ち溢れたPower Popで、徐々にSoundが厚みを増すのも素晴らしい。

Christine McVieは最多の4曲担当。SentimentalなBalladを筆頭に、幅広いTrackを生み出す。

と言いながらBillboardで3位を獲得した「Don't Stop」は、Pop Senseが光る正統派Rock。Lindsey BuckinghamがVocalで参加した為だろう。

Songbird」が大本命。Acoustic GuitarとPianoのみで、無駄を排除したSentimentalなBallad。

「You Make Loving Fun」(Billboard 9位)はChorusの出だしも面白いFunk Rockで、「Oh Daddy」ではBlues RockにTryしている。

Stevie Nicksは3曲担当。90'sにも通じるAlternativeなSoundが最大の特徴だろう。

何とBillboardで1位の名誉を得たのが「Dreams」。重低音が響き渡るSoft Rockで、CoverもされたBandを代表する名曲。

 「I Don't Want to Know」はPop Rockで、VocalsはStevie Nicks and Lindsey Buckingham

Endingは「Gold Dust Woman」で、Holeが後にCover。Dobro・Sitar・Electric Harpsichordなどを駆使し、異国情緒溢れるSoundを実現した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Track listing

 

1. Second Hand News

 

2. Dreams

 

3. Never Going Back Again

 

4. Don't Stop

 

5. Go Your Own Way

 

6. Songbird

 

7. The Chain

 

8. You Make Loving Fun

 

9. I Don't Want to Know

 

10. Oh Daddy

 

11. Gold Dust Woman

 

 

 

「The Chain」

 

 こちらは唯一全員でSongwritingしたTrack。Mick FleetwoodとJohn McVieも参加。Track自体は、格式の高いPsychedelic RockからHard Rockに転調しThe End。