Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Pink Flag

f:id:akira1987sasaki:20180319235952j:plain
Wireが1977年にReleaseしたDebut Album。各音楽誌からの評価は非常に高く、PitchforkやQなどが満点を点けた名盤。
 
WireはLondon出身のBandで1976年に活動をStart。1980年に解散し、1985年再結成、1992年に活動休止、1999年再始動し現在は継続中。
Wireを評するのに最も最適な言葉は影響力だろう。UKだけでなく、USからも影響を公言するBandは多く、今後も影響されるBandは後を絶たないだろう。
 
AlbumはMike ThorneによりProduceされ、PitchforkがTop 100 Albums of the 1970sの22位に選出している。
OpeningはMiddle TempoのHeavyな「Reuters」。この手のTrackと、LightなPunk TuneにAlbumはだいたい2分される。
続くは淡々としたPunk Tuneの「Field Day for the Sundays」、さらに延長線上の「Three Girl Rhumba」へと繋がる。
「Ex Lion Tamer」は、PowerfulなGuitarをかき鳴らすPunk Rock。
HeavyなRiffが印象的なのは「Lowdown」、ここからRiffに特化したTrackが続く。
著明なのが「Brazil」と「It's So Obvious」。一風変わったDanceableなRiffが素晴らしく、1分にも満たないLengthながら印象深い仕上がり。
「Surgeon's Girl」はGig栄えしそうなTrackで一体感が凄く、作中最もHeavyな「Pink Flag」は後半では破壊衝動が止まらない。
Instrumental Trackの「The Commercial」や、徐々にGuitarがHeavyになる「106 Beats That」などSoundだけでも魅了してくれる。
R.E.M.がCoverした「Strange」は、NoisyなRiffが延々と続くTrack。一方で「Fragile」は、Softに仕上げている。
Highlightは「Champs」。ThrillingなSound · CoolなRiff · PunkなVocal 全てが完璧。でも…実は個人的にお気に入りなだけ。
EndingはMinor ThreatがCoverした「12 X U」。生半可なHardcore Bandは蹴散らされる本格派。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pink Flag

Pink Flag

  • WIRE
  • ロック
  • ¥1500

 

 Track listing

 

1. Reuters

 

2. Field Day for the Sundays

 

3. Three Girl Rhumba

 

4. Ex Lion Tamer

 

5. Lowdown

 

6. Start to Move

 

7. Brazil

 

8. It's So Obvious

 

9. Surgeon's Girl

 

10. Pink Flag

 

11. The Commercial

 

12. Straight Line

 

13. 106 Beats That

 

14. Mr. Suit

 

15. Strange

 

16. Fragile

 

17. Mannequin

 

18. Different to Me

 

19. Champs

 

20. Feeling Called Love

 

21. 12 X U

 

 

 

Killing Joke 「The Wait」

 

 1980年にReleaseした「Killing Joke」収録のTrack。Killing JokeはLondon出身のBandで1978年から1996年まで活動。2002年に再始動している。

Post Punk BandとしてDebutしたが、この時点でIndustrial Rock特有の狂暴さを身に付けているのがお見事。