Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Let There Be Rock

f:id:akira1987sasaki:20180325230410j:plain

AC/DCが1977年にReleaseした4th Album。何故かFranceで9位を記録している。

 

Albumはお馴染みのHarry VandaとGeorge YoungをProducerに迎えた。

Openingは「Go Down」で、DanceableなRhythmと荒々しいGuitarが特徴的。

Single Cutの「Dog Eat Dog」は、お馴染みのSimpleなChord ProgressionとRiffで魅了するMiddle TempoのTrack。

Highlightは「Let There Be Rock」。疾走感が凄まじく、挑発的なSoundがListenerをHotにさせること間違いなし。当然Single Cut。

CatchyなRiffが印象的なのは「Bad Boy Boogie」と「Crabsody in Blue」。一方「Overdose」はNoisyなSoundを響かせる。6分超えの大作だ。

Endingの「Whole Lotta Rosie」もSingle Cut。Guitar Riffの後に続く「チッ チッ チッ チッ」というDrumsがたまらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Let There Be Rock

Let There Be Rock

 

Track listing

 

1. Go Down

 

2. Dog Eat Dog

 

3. Let There Be Rock 

 

4. Bad Boy Boogie

 

5. Overdose

 

6. Crabsody in Blue

 

7. Hell Ain't a Bad Place to Be

 

8. Whole Lotta Rosie

 

 

 

「Rock 'n' Roll Train」

 

 2008年Releaseの「Black Ice」に収録されたSingle。これが2000'sのAC/DC。変わらないSoundが素晴らしい。