Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Low

f:id:akira1987sasaki:20180324005337j:plain

David Bowieが1977年にReleaseした11th Album。Berlin Trilogyの1枚目に当たり、UKで2位を獲得している。

 

Albumは自身とTony ViscontiによるProduce。各音楽誌は最高の評価を点け、何とPitchforkはTop 100 Albums of the 1970sの1位に選出。QやNMEなどにもList入りしている。

OpeningはInstrumental Rockの「Speed of Life」でStart。ChamberlinやSynthesizerを多用し、ElectronicのEssenceが強い仕上がり。

Single Cutの「Breaking Glass」は、Minimoogが良いAccentになった刺激的なTrack。

「What in the World」はSynthesizerを多用したRock Tune。Iggy PopがBacking Vocalで参加。

続いてはVocalでMary Hopkinが参加した「Sound and Vision」。BowieのSaxophoneも効果的でPopに仕上がっている。UKで3位を獲得。

割とStandardなRockに仕上がったのが「Be My Wife」。こちらではPump Bassを使用。Single Cut。

個人的にお気に入りは「A New Career in a New Town」。BowieのHarmonicaが爽やかなInstrumental Rock。何かが始まるようで終わるようなSoundを響かせる。

Highlightは「Warszawa」。Brian Enoは大方のTrackにPlayerとして参加しているが、「Warszawa」に関しては共作。よってBrian Eno色も強く、退廃したようなDark Ambientが鳴り響く。

この雰囲気を壊さずEndingの「Subterraneans」に突入するが、秀逸なのは「Weeping Wall」。 VibraphoneやXylophoneなど多数Playしているが、非常にMinimalに仕上がっている。また、Medieval EuropeのようなMelodyが印象的だ。

今作はDavid BowieというArtistがRockというGenreを超越した貴重な記録であり、名盤という名に最も相応しいだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Track listing

 

1. Speed of Life 

 

2. Breaking Glass 

 

3. What in the World

 

4. Sound and Vision

 

5. Always Crashing in the Same Car

 

6. Be My Wife

 

7. A New Career in a New Town

 

8. Warszawa

 

9. Art Decade

 

10. Weeping Wall 

 

11. Subterraneans

 

 

 

「Fame」

 

1975年Releaseの「Young Americans」収録のSingle。USで1位 · UKで17位を記録した。FunkにTryしていて、最初期のBlue Eyed Funkではないだろうか?ただの模倣でないのは聴けばわかるだろう。