Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Trans-Europe Express

f:id:akira1987sasaki:20180325231853j:plain

Kraftwerkが1977年にReleaseした6th Album。Franceで2位を記録し、各音楽誌から称賛された。

 

KraftwerkはWest Germany出身のGroupで1969年に活動をStart。当時のMemberはRalf HütterとFlorian Schneiderを中心にKarl BartosとWolfgang Flürの4人で構成。Golden Memberである。

音楽性はElectronic · Synth-popを中心に、RootsであるKrautrockまで飲み込む。しばしばTechnoの元祖と称され、Dance Music · Hip Hop · RockなどのGenreに多大な影響を与え続けている。著明なのはAfrika BambaataaによるSamplingや、Sampling Sourceとしての使用頻度 · Detroit Technoの起源などが挙げられるだろう。

また作品はConceptとVisualが明確に提示され、Arrangeが光るConcertも絶賛される。2014年にGrammy Lifetime Achievement Awardを受賞。

 

AlbumはSelf Produceにより制作され、当然TTEがConcept。Slant MagazineがTop 25 Electronic Albumsの1位に選出している。

OpeningはTitleに忠実なSoundを鳴らす「Europe Endless」。Daily UseなElectronic Pop。

West Germanyならではの感覚か?非常に不気味なSoundの「The Hall of Mirrors」も良いが、Single Cutの「Showroom Dummies」が秀逸。これぞ元祖Techno Popと言われる所以だろう。

Highlightは、前述した様にAfrika BambaataaにSamplingされた「Trans-Europe Express」。Popさは極力排除され、Electronicに重点を置いた印象だ。列車のSoundを再現するなどの工夫が見られるのもGood。

「Metal on Metal」は工場を連想させるMinimal Technoで、現代のTechnoに最も近い感覚だ。上質な流れで「Abzug」に突入。「Trans-Europe Express」のMelodyがRepriseする。このTimingは、ListenerにとってはSurpriseになるだろう。

Franz Schubert」はTitleにちなんで、格式の高い雰囲気のElectronic Pop。再び上質な流れで「Endless Endless」に進むが、このTrackから「Europe Endless」への永遠のLoopがStartするような…正にEndlessな作品だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Track listing

 

1. Europe Endless

 

2. The Hall of Mirrors

 

3. Showroom Dummies

 

4. Trans-Europe Express 

 

5. Metal on Metal 

 

6. Abzug

 

7. Franz Schubert

 

8. Endless Endless

 

 

 

 

Brian EnoAmbient 1: Music for Airports

 

 1978年にBrian EnoがReleaseしたAlbum。Ambient Musicを最初に提唱した作品として、しばしばLegacy的な扱いをされる。

Brian EnoはUK出身のArtistで1970年に活動をStart。初期はRoxy Musicに在籍してたことも有名。

 ThemeはAirportで、実際にNYのLaGuardia Airportで使用されている。