Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

The Velvet Underground & Nico

f:id:akira1987sasaki:20180404230543j:plain

The Velvet Undergroundが1967年にReleaseした記念すべきDebut Album。主要音楽誌全てが満点を点けた、音楽史上を代表する名盤である。

 

The Velvet UndergroundはNY出身のBandで主に1964年から1973年まで活動。MemberはLou ReedJohn Cale・Sterling Morrison・Moe Tucker。John Cale脱退により、1968年からDoug Yuleが参加している。

音楽性はArt Rockに始まり、Psychedelic・Experimental・Folkなど作品によって違う顔を見せる。

Bandが好むBandというNuanceも強く、同世代から後進のBandまで多大な影響を与え続けている。特にNY PunkのBandへの影響は著明。1996年にRockの殿堂入り。

 

AlbumはDebutの切っ掛けを作った、Andy WarholによるProduce。当然Artworkも手掛け、Rock史上最も有名なArtworkの1つに挙げられるだろう。Rolling Stone's 500 Greatest Albums of All Timeにおいて13位、またPitchforkのThe 200 Best Albums of the 1960sにおいて1位の名誉を得た。

OpeningはSingle Cutの「Sunday Morning」。John CaleがCelestaやViolaを使用し、淡いPop Tuneに仕上がっている。

一転「I'm Waiting for the Man」はAvant-gardeなGarage Rock。ここら辺が後のNY Punk Bandに愛される理由だろう。Rolling Stone's 500 Greatest Songs of All Timeに選出されている。

NicoがRead Vocalの「Femme Fatale」は、さらに淡さを増したような印象。

Psychedelicを全面的に出した「Venus in Furs」では、Electric Violaを使用している。このIdeaだけでも素晴らしいが、何よりもRou LeedのVocalと相性抜群。

疾走感のあるGarage Rock「Run Run Run」は、ExperimentalなGuitar Soloでも楽しませてくれる。

「All Tomorrow's Parties」は再びNicoがVocalで登場。Artな感性とPsychedelicなSoundが、いい意味でぶつかり合う。Single Cut。

Highlightは「Heroin」。白昼夢の様なSoundから徐々にSpeedを上げ、Psychedelic Rockに変化していくのがListenerをTripさせるだろう。斬新なExperimental Rockで、Rolling Stone's 500 Greatest Songs of All Timeにも選出。

Nicoが丁寧に歌い上げる「I'll Be Your Mirror」と、SirenのようなElectric Violaが印象的な「The Black Angel's Death Song」も良質。

Endingは7分46秒の「European Son」。次作に繋がるような実験精神溢れるTrack。

 

  

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

Track listing

 

1. Sunday Morning 

 

2. I'm Waiting for the Man

 

3. Femme Fatale 

 

4. Venus in Furs 

 

5. Run Run Run 

 

6. All Tomorrow's Parties

 

7. Heroin

 

8. There She Goes Again

 

9. I'll Be Your Mirror

 

10. The Black Angel's Death Song

 

11. European Son

  

 

 

「Venus in Furs