Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Oracular Spectacular

f:id:akira1987sasaki:20180529211943j:plain

MGMTが2007年にReleaseしたDebut Album。UKで8位を記録し、現時点でのBandの最高傑作。

 

MGMTはBrooklyn出身の2人がWesleyan University時代に結成したBandで、2002年に活動をStart。2010年からは5人体制となっている。

音楽性はIndie RockをBaseに、Psychedelic・Electro・Synth等のSoundを取り入れPopに仕上げる。今のMusic Sceneに適した柔軟なBandの1つに挙げられるだろう。

 

AlbumはFlaming LipsとMercury Rev作品でお馴染みの、Dave FridmannによるProduce。Rolling Stone's The 500 Greatest Albums of All Timeにも選出された。

OpeningはSingle Cutの「Time to Pretend」でStart。強いPsychedelic感と電磁波のようなSoundが特徴で、Rolling Stone's The 500 Greatest Songs of All Timeにも選出。

続く「Weekend Wars」もSingle Cut。Artworkの世界観を反映させたような、新感覚Tribe的なSoundがGood。

Whisper Voiceが神秘的に響く「The Youth」も良いが、Indie Rock・Electronicaの配分が見事な「Electric Feel」がより良質。

HighlightはUKで16位まで上昇した「Kids」。

Indie Danceのお手本の様なTrackで、CatchyなRiffが印象的。数多くのArtistにCover・Samplingされた。

Acoustic Guitarを中心に弾き語る「Pieces of What」から、Endingの「Future Reflections」まで後半も統一された世界観は失われない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Track listing

 

1. Time to Pretend

 

2. Weekend Wars

 

3. The Youth

 

4. Electric Feel

 

5. Kids

 

6. 4th Dimensional Transition

 

7. Pieces of What

 

8. Of Moons, Birds & Monsters

 

9. The Handshake

 

10. Future Reflections

 

 

 

 

 

 

「Time to Pretend」