Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Sweetener

f:id:akira1987sasaki:20190202163116p:plain

Ariana Grandeが2018年にReleaseした4th Album。主要Chartで軒並み1位を記録し、特にUSの音楽誌から称賛された。

 

Ariana GrandeはFlorida出身のSingerで2008年に活動をStart。幼少期からSingerとして表舞台に立つ機会があったようだが、DebutはActorとして。2013年に念願のDebut AlbumをReleaseしてからの快進撃は周知の通り。

GenreとしてはPopsになるだろうが、Trendに合わせて様々なEssenceが加わったTrackが多い。個人的にはMariahやMadonnaを越えるArtistになって欲しいと思っている。

 

Albumは前作同様に自身がExecutive Producerを務め、新たにScooter Braunが名を連ねた。

Openingは国家斉唱ばりの「Raindrops (An Angel Cried)」でStartし、続くはPharrell WilliamsがProduceの「Blazed」。軽快な仕上がりで、ここから前半はPharrell Produce Party。

「The Light Is Coming」は、Ariana作品常連のNicki Minajが参加。PharrellならではのBacktrackが、2人のComicalな世界観に拍車をかける。

一方で「R.E.M」はBPMを落として、MidnightにピッタリなSlow Tune。

Single Cutの「God Is a Woman」は、USで8位・UKで4位を記録。TrapとPopsをBlendしたCrossoverなTrackで、現在のTrendをAriana風に料理。

再びPharrell Produceの「Sweetener」も、浮遊感のあるBacktrackにHip HopとSoulがCrossover。

Max Martinが絡んだMiddle Tempoが心地良い「Everytime」や、UKで8位を記録したStraightなDance Pop「Breathin」も良質。

しかしHighlightはMartin Produceの「No Tears Left to Cry」。UKで2位・USで3位を記録。Disco調のTrackで、今作のTrackに顕著なMidnightの雰囲気をColorfulに彩る。

久しぶりの御披露目となるMissy Elliott参加のCoolな「Borderline」や、Imogen HeapのCoverに当たる「Goodnight n Go」など後半も良好なTrackが並ぶ。

EndingはSoulfulな「Get Well Soon」。最後まで全体の雰囲気は統一され、ArianaのSingerとしての幅の広さとProducerの巧みな技術が集結された傑作と言えるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Track listing

 

1. Raindrops (An Angel Cried)

 

2. Blazed  featuring Pharrell Williams

 

3. The Light Is Coming  featuring Nicki Minaj

 

4. R.E.M

 

5. God Is a Woman

 

6. Sweetener

 

7. Successful

 

8. Everytime

 

9. Breathin

 

10. No Tears Left to Cry

 

11. Borderline  featuring Missy Elliott

 

12. Better Off

 

13. Goodnight n Go

 

14. Pete Davidson 

 

15. Get Well Soon 

 

 

 

 

 

 

「Breathin」