Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

The Kids

f:id:akira1987sasaki:20180127015801j:plain
Suchmosが2017年にReleaseした2nd Album。Billboard Japanで1位を獲得し、Gold Discに認定された。
 
Suchmosは2013年に活動をStartしたBand。MemberはYONCE (Voacl) · TAIKING (Guitar) · HSU (Bass) · OK (Drums) · DJ KCEE (DJ) · TAIHEI (Keyboard)。
元々はYONCEがOld JoeというBandで、他の3人がIvoryというBandで活動していた。3人が新たにBandを結成する際に、YONCEに声をかけたのがSuchmosのStartとなった。Debutしてからは順調なCareerを積んでいて、Fuji Rock出演やApple Music Best of 2015のBest New Artistに選出されている。日本独自のくだらないAwardsなどでなく、ちゃんとした評価を受けている数少ないBandだ。
音楽性は洋楽からの影響も色濃く、Jazzなどを皮切りにBlack Music全般とRockからが強い。またLyricに関して言えば、彼等なりの言葉を持っており洋楽の丸写しになってないのが魅力。
 
 さてAlbumだが、前作よりRock的なApproachが強くなっている。いい意味でSuchmos独自のMainstreamに乗った形だ。
Openingは前述した通り、Rock色強めの「A.G.I.T.」。気怠いVocalとAlternativeなSoundが絶妙にMatchする。
Highlightは「STAY TUNE」。より厚みを増したSoundが最高のGrooveを生み出した。Lyricも上質で、PVもGood。
「PINKVIBES」はSoftな感触のAcid Jazz。このGrooveを、日本のBandで出せるのは一握りだろう。
 軽めのGrooveが好感触な「TOBACCO」は、反するようなLyricとの対比が面白い。
 PsychedelicなSoundが散りばめられた「SNOOZE」は、Chrousで一気に盛り上げてくれる。
Hip Hop的なApproachとGuitar Soundが交差する「DUMBO」の構成はお見事。
彼等のお気に入りの「INTERLUDE S.G.S.4」を挟んで、爽やかなSummer Tune「MINT」に突入。
「SEAWEED」は彼等のRootsとなるSoundが入り乱れているが、Chrousで上品にまとめてくれる。
EndingはMellowな「BODY」。安定感満載でThe End。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

THE KIDS

THE KIDS

 

 

 

 

 

 

 

「水星」