Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Neon Bible

f:id:akira1987sasaki:20180202224246j:plain
Arcade Fireが2007年にReleaseした2nd Album。US · UK両Chartで2位を記録。
 
Arcade Fireは2001年に活動をStartした、Canada出身のBand。MemberはWin ButlerとRégine Chassagneを中心とした7人で構成。全員がMultiplyerの為、Concertでは各Partが入り乱れる。
音楽性はMultiplayerの特性を活かし、Alternative Rock勢の中でも柔軟で幅広い音楽を届けてくれる。また駄作を出さないBandとしても評価が高い。
 
Albumは前作同様Self Produceだが、各音楽誌の評価が非常に高い。2007 Albums of the YearにおいてNMEが4位・Rolling Stoneが4位・Qが1位・Spinが2位に位置付けた。
 Openingは少し重苦しい雰囲気漂う「Black Mirror」。Single Cut。
「Black Mirror」同様に、Orchestral Arrangementsを施した「Keep the Car Running」がHighlight。割と軽快なRhythmが馴染みやすく、素朴な仕上がりがGood。こちらもSingle Cut。
Length短めの「Neon Bible」では、しばしの静寂を届けてくれる。
Singleの「Intervention」は、ClassicalなSoundで徐々にGearを上げていく。Debut Albumを彷彿とさせる。
「Black Wave/Bad Vibrations」はRégine Chassagneが「Black Wave」、Win Butlerが「Bad Vibrations」のVocalを担当してるImageか?
Indie Rockの王道を行くような「(Antichrist Television Blues) 」も良いが、個人的に好みなのはSingleの「No Cars Go」。あえて無骨に表現したSoundに2人のDuetが贅沢。
 Endingは「My Body Is a Cage」で、Win Butlerの癖のある歌い方と世紀末のようなSoundが異様なTrack。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 

「Hey There Delilah」