Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Pop

f:id:akira1987sasaki:20180213231404p:plain
U2が1997年にReleaseした9th Album。Worldwideで700万枚以上Salesし、主要Chart全てで1位を記録。
 
 Albumは、TechnoなどのDance Musicの影響下にあった90'sの最後の作品。Brian Inoは今作には参加していない。
OpeningにしてHighlightは「Discothèque」。UKで1位・USで10位を記録。TechnoとRockを見事にFusionしたTrackで、非常にCatchyなのも好印象。
「Mofo」まではDance色全開だが、U2のTrackとして成立しているのは流石としか言いようがない。特に「Mofo」のBreakbeatはやり過ぎなぐらいだ。
「If God Will Send His Angels」から音楽性がPopからSeriousに変化する。「If God Will Send His Angels」は「City of Angels」のSoundtrackにも収録。UKで12位まで上昇。
「Staring at the Sun 」は何かを諦めてしまったような印象を受けるTrack。Guitar Riffから、負の要素がひしひしと伝わってくる。UKで3位。
Last Night on Earth」と「Gone」は適度な疾走感が魅力的だ。「Last Night on Earth 」はUKで10位。
「Miami」は混沌としたSoundと、崩壊したようなBonoのVocalが少し後味の悪いTrack。
個人的にお気に入りは「If You Wear That Velvet Dress」。非常に重苦しいTrackだが、ここまで徹底してくれると安心感が上回る。
「Please」もSingle CutでUKで7位を記録。しかし、Single Hitの数だけなら「Achtung Baby」に次ぐ作品になったのでは?
Endingは死者を起こせと歌う「Wake Up Dead Man」。察することが出来るかもしれないが、U2というBandの苦悩がもろに出た作品である。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

Pop

Pop

  • U2
  • ロック
  • ¥2100

 

 

 

 

 

 

 

 

「The Miracle (Of Joey Ramone)」