Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Big Fish Theory

f:id:akira1987sasaki:20180422020540j:plain

Vince Staplesが2017年にReleaseした2nd Album。NMEやPitchforkなどが高評価を点けた。

 

Vince StaplesはLong Beach, California出身のRapperで2010年に活動をStart。LabelはDef Jam・ManagementはBlacksmithというHip Hop界のEliteである。一方で音楽性はProgressiveな雰囲気が強く、Trendに全く媚びようとはしない。本当に最近のWest Coastは粒揃いである。

 

AlbumはNo I.D.から離れ、Corey "Blacksmith" SmythによるProduceを選択。今まで聴いたことのないようなHip Hopが並ぶ。

 OpeningはKilo KishがAdditional Vocalで参加した「Crabs in a Bucket」。ちなみにKilo Kishは計4曲参加している。Hip HopよりElectronicに傾倒したTrack。

続くはSingle Cutの「Big Fish」。Avant-gardeなG-funkで、彼がWest CoastのRapperだと思い出させてくれる。Heavyに仕上がっているのも嬉しいとこだろう。

Damon AlbarnとRay Jなど異色のCollaborationとなったのは「Love Can Be...」。正にElectronic Hip Hopの完成形。何が飛び出すかわからないのも好奇心を誘う。

 「745」はElectronic meets Trap。Trendにのった感じは全くないが…。

Kendrick LamarとCrazyなRap協奏する「Yeah Right」は、作品最もAvant-gardeなTrack。PopやTrendなど完全無視。

ひたすらRefrainする「Homage」や、ASAP Rockyを迎えた「Samo」なども良質。

HighlightはSingle Cutの「BagBak」。Hip Houseの最高峰と言っても過言ではない出来栄えで、ListenerはBounce必須。

 EndingはTy Dolla Signを贅沢に起用した「Rain Come Down」。今作の中では正攻法なHip Hop。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Big Fish Theory

Big Fish Theory

  • Vince Staples
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥1700

 

 

 

 

 

 「Prima Donna」