Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Oracular Spectacular

f:id:akira1987sasaki:20180529211943j:plain

MGMTが2007年にReleaseしたDebut Album。UKで8位を記録し、現時点でのBandの最高傑作。

 

MGMTはBrooklyn出身の2人がWesleyan University時代に結成したBandで、2002年に活動をStart。2010年からは5人体制となっている。

音楽性はIndie RockをBaseに、Psychedelic・Electro・Synth等のSoundを取り入れPopに仕上げる。今のMusic Sceneに適した柔軟なBandの1つに挙げられるだろう。

 

AlbumはFlaming LipsとMercury Rev作品でお馴染みの、Dave FridmannによるProduce。Rolling Stone's The 500 Greatest Albums of All Timeにも選出された。

OpeningはSingle Cutの「Time to Pretend」でStart。強いPsychedelic感と電磁波のようなSoundが特徴で、Rolling Stone's The 500 Greatest Songs of All Timeにも選出。

続く「Weekend Wars」もSingle Cut。Artworkの世界観を反映させたような、新感覚Tribe的なSoundがGood。

Whisper Voiceが神秘的に響く「The Youth」も良いが、Indie Rock・Electronicaの配分が見事な「Electric Feel」がより良質。

HighlightはUKで16位まで上昇した「Kids」。

Indie Danceのお手本の様なTrackで、CatchyなRiffが印象的。数多くのArtistにCover・Samplingされた。

Acoustic Guitarを中心に弾き語る「Pieces of What」から、Endingの「Future Reflections」まで後半も統一された世界観は失われない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Time to Pretend」