Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Brighten the Corners

f:id:akira1987sasaki:20180614235003j:plain

Pavementが1997年にReleaseした4th Album。 PitchforkやSpinなどに高評価を得た。

 

PavementはCalifornia出身のBandで1989年から1999年まで活動した。MemberはStephen Malkmusを中心とする5人で、90'sにReleaseされた作品はどれも評価が高い。

音楽性はIndie RockをBaseに、脱力感・Lo-Fiなどを取り入れPopに聴かせてくれる。

 

AlbumはBand自身とBryce Goggin・Mitch EasterによるProduce。

OpeningからSingle Cutの「Stereo」でStart。計画的に外された歪んだVerseと、AlternativeなChorusとの対比が面白い。

続けてCutの「Shady Lane /J vs. S」では、Band特有のPopなMelody Senseが光ったTrack。Outroのオマケつき。

個人的にHighlightにしたいのは「Shady Lane」ではなく「Date with IKEA」。この冴えないVocalと絶妙な熱量がたまらない。TitleもSweden Popか?というぐらいオシャレ。

「Old to Begin」「Type Slowly」と落ち着いた雰囲気のTrackが続くが、「Embassy Row」の途中から軽快にTempo Up。

遊び心を感じられるGuitarが好印象な「Blue Hawaiian」や、Kannbergが再びVocalを披露した「Passat Dream」なども良質。

Endingは憂いを帯びた「Fin」で、梅雨の時期にピッタリなTrackでThe End。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Rattled by la Rush」