Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Purpose

f:id:akira1987sasaki:20210324200827p:plain

Justin Bieberが2015年にReleaseした4th Albumで、Worldwideで1位を記録した。現時点での最高傑作で間違いないだろう。

 

Albumは前作同様に多彩なProducerが参加し、多くのSmash Hitsが収録されている

Skrillexの恩恵が大きいか…。

OpeningからJustinのEmotionalなVocalが堪能出来る「Mark My Words」でStart。続くはSkrillex監修の「I'll Show You」だが、ゴリゴリのBrostep等ではなくPop Fieldに限りなく近づけている。透明感のあるVocalがGood。

Highlightは「What Do You Mean?」で、US・UKを筆頭にWorldwideで1位を獲得。Tropical Houseを代表する1曲で、Lyricとは裏腹にJustinのVocalも相まって優雅に聴こえるTrack。

再びSkrillexが登場した「Sorry」は、ChorusのDancehallな雰囲気で最高潮。もはやVocalのLyricは「Sorry」のみで十分だよね。PVも印象深く、こちらもWorldwideで1位を記録。Benny BlancoがProduceの「Love Yourself」も、Worldwideで1位を獲得。このSingleの流れは本当にヤバイね!MinimalなAcoustic Popで、Ed Sheeranの影響もあってかUKの憂鬱な雰囲気も加味。

「No Pressure」「No Sense」は、Big SeanとTravis Scottがそれぞれ参加。両Track共にJustinが喰われた感じはないが、Travisは一瞬で雰囲気を変えるなと思わされた。

後半もSkrillexのProduceが2曲あるが、「The Feeling」の刹那的なMelodyのChorusはHalseyが完璧。一方「Children」はUpperなDance Tuneで、ここにきてSkrillexも本領発揮。

Simpleな「Life Is Worth Living」を挟み、EDMを代表する名曲「Where Are Ü Now」はもう説明不要か…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Love Yourself」