Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Kid A

f:id:akira1987sasaki:20210109103116p:plain

Radioheadが2000年にReleaseした4th Album。UK・USで1位を獲得し、WorldwideでChart In。

 

Radiohead はUKのOxfordで結成された5人組Bandで1985年に活動をStart。MemberはThom Yorke (Vocal)・Johnny Greenwood (Guitar) ・Ed O'Brien (Guitar)・Colin Greenwood (Bass)・Philip Selway (Drums)で構成。しかしMemberのほとんどはMultiplayer。Thom Yorkeは非常に美しい歌声を持ち、SoloやAtoms for Peaceでも活躍している。ちなみにJohnnyとColin は実の兄弟だ。
Radioheadの音楽性は一概に語ることは出来ない、なぜならAlbumごとにあからさまに変化をつけてくるからだ。特に2000年以降はGenreさえも変わってしまっている。ただ一貫しているのはListenerにも評論家にもMedia にも誰にも媚びない事。Trend にも影響されず、商業的になることもなく完璧主義と言える程の神経質なSoundを展開している。

 

AlbumはNigel Godrich and RadioheadのProduceで、路線変更というよりは音楽産業に疑問を呈しErectronicaに傾倒した。当時は賛否両論だったが、PitchforkとQ Magazineは満点評価。Rolling Stone's the 500 greatest albums of all timeにおいて20位の名誉を得た。

OpeningにしてHighlightは「Everything in Its Right Place」。あまりにもArtificialなElectric PianoとThomのLoopするVocalが特徴で、完全にRockの概念を無視している。続く「Kid A」もProgrammingとVocalのEffectで同様の雰囲気。

良質なBass Lineで引っ張る「The National Anthem」は、Endingに向かうにつれ存在感を増すFunkなHorn SectionがGreat。Jazz and Fusionの影響が色濃い。

「How to Disappear Completely」はOpeningから暫くはBand特有の陰鬱なGuitarが聴けるが…後半はStringsの音色と共に光が差し込む。

Instrumentalの「Treefingers」を終えると、作中唯一のAlternative Rock「Optimistic」が聴ける。貫禄すら漂う。

Techno Beatsの猛襲でIDMの感覚が強い「Idioteque」は、このTrackで違和感なくVocalを添えたThomがお見事。間髪入れず突入する「Morning Bel」は、「Amnesiac」にも収録。淡々としたBeatsに要所要所で歪んだ効果音が鳴り響く。

EndingはLetroなFilmのSoundtrackという表現がピッタリな「Motion Picture Soundtrack」。最後まで手を抜かずHidden Trackを盛り込む辺りが完璧主義が滲み出ている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Idioteque」