Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Lola Versus Powerman and the Moneygoround, Part One

f:id:akira1987sasaki:20210424151015j:plain

The Kinksが1970年にReleaseした8th Album。Smash Hitsを2曲含んだConcept Albumとして有名。

 

The KinksはUK出身のBandで1964年から1996年まで活動。MemberはDavies Brothersを中心に構成される。1990年にRockの殿堂入りを果たし、Ivor Novello Awardsも受賞している。

音楽性はUKのLifestyleを描写したLyricと、Concept AlbumというImageが強い。個人的には最もUKらしいRock Bandだと捉えている。

 

Openingは爽やかなAcoustic GuitarからPowerfulなGuitarに変貌を遂げる「The Contenders」でStart。Rock and RollばりのPianoもCool。続くは何処かのFarmで歌ってるかの様な「Strangers」。終始のどかな雰囲気で、Dave DaviesがVocalとWritingを担当。

気怠めのVocalにBritishなSoundがMatchする「Denmark Street」「Get Back in Line」も良好だが、UKで2位を獲得した「Lola」が前半のHighlightだろう。Drag Queenについて書かれたLyricが有名だが、それ以上にHard過ぎないFirm Soundと効果的なChorusが素晴らしい。

Top of the Pops」はRay DaviesのAlternativeなVocalが光るが、Drumsの後のKinks史上最高のGuitar Riffが必聴。

Fairy Taleを彷彿とさせる滑稽なSoundの「The Moneygoround」や、Acoustic Guitar Riffも飛び出す「This Time Tomorrow」と幅が広い。

「Rats」も「Lola」同様にFirm Soundが特徴で、要所で掻き鳴らすHardかつNoizyなSoundに注目。

正真正銘のHighlightはUKで5位を獲得した「Apeman」。ずっと「Lola」がHighlightだと思っていたが、久しぶりに聴いてSimpleながらTrackの質の高さに驚いた。UK Rock meets Calypsoの完成形。

EndingはConcept Albumらしく「The Contenders」のIntroductionをSamplingした「Got to Be Free」でThe End。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Top of the Pops