Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Dig Your Own Hole

f:id:akira1987sasaki:20180529225142j:plain

Chemical Brothersが1997年にReleaseした2nd Album。 UKで1位・USで14位を記録した出世作だ。

 

Chemical BrothersはUKのDuoで1991年に活動をStart。Tom RowlandsとEd Simonsの2人で構成され、初期はThe Dust Brothersという名義で活動していた。2人の出会いはUniversity of Manchesterにて。
彼等の事を語る上で欠かせないのはやはりBig Beatについてだろう。なぜなら彼等が生みの親だからだ。ちなみに定義したのはFatboy Slimで有名なNorman Cook。Big BeatとはTechnoとRockのFusionのようなもので、Breakbeatが特徴と言えよう。また彼らは数多くのRock ArtistとCollaborationしていて、RockとClub MusicのBorderlineを無くしたことには頭が下がる思いだ。Club Music Sceneで活躍するArtistがRockのFamousなArtistを次々とGuestに迎えるというのは過去には類を見ない行いだったはずだ。

 

Albumは完全にBandのSelf Produceに移行。Rolling Stone's The 500 Greatest Albums of All Timeにも選出された名盤。

OpeningからUKにて1位を記録した「Block Rockin' Beats」。中毒性の高いRhythmが強調されたBig Beatで、Schoolly DのVocalをSamplingした斬新なTrack。

Tempoを上げた「Dig Your Own Hole」では、細かいSoundの変化が楽しめる仕上がり。

間髪いれずStartするのが「Elektrobank」。今度はKeith MurrayのVocalをSamplingし、HeavyなElectro Soundが鳴り響く。

不穏なCut Inで繋がる「Piku」もSimpleで良いが、Highlightは「Setting Sun」。The Beatlesの「Tomorrow Never Knows」の影響が著明で、Noel GallagherのVocalが冴え渡る。これぞ完全なRockとのFusion。

 「It Doesn't Matter」「Don't Stop the Rock」は、Acid感覚の強い硬質なSoundが強力なGrooveを生み出した印象。

一方で「Get Up on It Like This」「Lost in the K-Hole」は、少しGame感覚なSoundが面白い。

Beth Ortonを迎えたのは「Where Do I Begin」。PsychedelicとNostalgicが絶妙にBlendされたTrackで、Vocalとの相性もPerfect。

 EndingはJonathan DonahueのClarinetも効果的な「The Private Psychedelic Reel」。徐々に再覚醒していくような感覚が味わえる仕上がりで、壮大なFinaleを迎える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Where Do I Begin」