Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

K

f:id:akira1987sasaki:20200516151651j:plain

Kula Shakerが1996年にReleaseしたDebut Album。UKで1位を記録し、NME及びQ誌から高い評価を得た。

 

Kula ShakerはLondon出身の4人組Bandで1995年に活動をStart。Vocal兼GuitarのCrispian MillsがIndiaの影響を受け、音楽性に反映されてるのが特徴。Psychedelic RockとRaga Rockの融合を初期は感じることが出来る。

Britpop Movement終息後から衰退し1999年に一時解散。2004年に再結成し、現在も活動を続けている。日本でのSalesがUKよりも多いAlbumがある等、日本で異常な人気を博したBand。

Openingは高揚感高まるIntroでStartする「Hey Dude」。PowerfulなSoudに気の抜けた様なVocalがツボ。UKで2位。続く「Knight on the Town」では更にPowerfulにGuitar Soundが乱れる。

「Temple of Everlasting Light」でRaga Rockの伏線をはってHighlightの「Govinda」に突入。360゜Indiaの風景が広がるような細部までこだわったTrackだが、終盤に向かうにつれPowerfulなSoundも健在。UKで7位を記録。

「Smart Dogs」は冴え渡るGuitar RiffとEmotionalなSoundがGood。

Requiemの様な雰囲気の「Magic Theatre」から一転、作中最もPopな「Into the Deep」の流れも楽しい。

「Tattva」はAlbumの雰囲気から反れずも独特のPsychedelic Rockを展開。UKで4位。

「Grateful When You're Dead/Jerry Was There」はうねるGuitar Soundで攻め立てる「Grateful When You're Dead」から「Jerry Was There」に綺麗に転調。

EndingはLong Lengthの「Hollow Man」。Silenceの時間も長く、実験的なTrackで終焉。

現時点でKula Shakerの最高傑作で今後もその地位は揺るがないだろう。一聴の価値ある90'sの名盤。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Somewhere Only We Know」