Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

It's a Shame About Ray

f:id:akira1987sasaki:20200607160552j:plain

The Lemonheadsが1992年にReleaseした5th Album。各音楽誌から称賛され、Pitchforkが8.4の高評価を点けた。

 

The LemonheadsはBoston出身のRock Bandで1986年から活動をStart。Atlanticと契約が切れたことにより活動停止状態だったが、2005年から活動を再開してる。Band Memberは入れ替わりが激しく、初期MemberはEvan Dandoしか残っておらず彼のBandと化してるのが現状だ。

 

Openingの「Rockin Stroll」続く「Confetti」と爽やかなAlternative RockでStartし、序盤にしてHighlightの「It's a Shame About Ray」に突入。特徴的かつ不安定なRiffも聞き応え抜群な、Bandを代表する1曲。

「My Drug Buddy」はお得意の甘酸っぱいMelodyが堪能出来る仕上がり。Juliana HatfieldもNice Assist。

時折覗かせるNoiseとTempoの良さが際立った「The Turnpike Down」や、Punkyな「Bit Part」「Alison's Starting to Happen」と佳曲が並ぶ。特に「Bit Part」は脱力Vocalと相まって病み付き。

Jeff "Skunk" BaxterのSlide Guitarも効果的な「Hannah & Gabi」は、Tropicalな空気すら漂う。

個人的お気に入りの重厚な「Ceiling Fan in My Spoon」や、もはやEvan Dandoの自己満足「Frank Mills」も良好。

そして何と言ってもMelody以上に特筆すべきはこのBandの自由自在なTempoだろう。「Kitchen」や「Mrs. Robinson」のTempoがツボ。特に「Mrs. Robinson」のNic DaltonのBassは最高に刺激的だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

It's a Shame About Ray (Expanded Edition)

It's a Shame About Ray (Expanded Edition)

  • レモンヘッズ
  • ロック
  • ¥1528

 

 

 

 

 

「Are You Gonna Go My Way」