Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Crocodiles

Echo & The BunnymenのDebut Albumで1980年にRelease。最初から高評価を得てUKでの成功の第1歩となった傑作だ。
Echo & The BunnymenはUKのLiverpool出身のBandで、VocalのIan McCullochはBig Mouthとしても有名だ。活動期間は1978年から1993年と1996年から現在まで。現在はIan McCullochとGuitarのWill Sergeantの2人で活動中。元々4人体制だったが1987年McCullochが脱退、1989年にDrumsのPete de Freitasが事故死するという悲惨な出来事が続いた。しかしBandは5人体制になり1990年に「Reverberation」をRelease。だがこの作品は評論家から酷評され解散という経緯に至る。再結成時は初期Member3人で活動をStartしたが「Evergreen」Release後にBassのLes Pattinsonが脱退して現在の2人になった。
彼らの音楽性はもちろん80's前半にMovementとなったPost Punkに分類出来るが、それ以上にNeo-psychedeliaの代表格というImageが強い。Post Punk色の強いDrumsに耽美なGuitarが極上のSoundを作り出す。IanのVocalは共鳴するようにDark+Coolだ。個人的にはこのBandのTrackを聴くと、壮大な自然で囲まれてるような感覚に陥る。

さてAlbumの内容はと言うとDebut作にして既に彼らの音楽性が確立しているのに驚かされる。Artworkも彼らの音楽性が垣間見えて素晴らしい。
Opening Trackの「Going Up」から「Monkeys」までは落ち着いた印象のTrackが並ぶ、Post Punk色の強いMiddle Tempoで終始しているのかと思いきや5曲目から本領発揮する。
その5曲目「Crocodiles」はBPMが急に早くなった初期衝動の塊のようなTrack。高速Riffと手数の多いDrumsがたまらない。
「Rescue」は美しいGuitarが特徴的で、Single Cutもされた彼ららしいTrackだ。
「Villiers Terrace」はNeo-psychedeliaの代表格の名に恥じない程Trip感が強く、IanのこもったVocalも効いている。
Highlightは「The Pictures on My Wall」。陰の雰囲気が充満しているTrackだがBalance感が一際優れているように感じる。こちらもSingle Cut。
「All That Jazz」は攻撃的なGuitarが秀逸で、「Happy Death Men」は少し前衛的な仕上がりを見せている。
改めて聴くと後半に聴きどころが散りばめられているなと感じた。前半でBandのSoundに慣らして後半堪能出来る作りなのが非常に面白い。







 

 

 



 

Track listing

1.Going Up

2.Stars Are Stars

3.Pride

4.Monkeys

5.Crocodiles

6.Rescue

7.Villiers Terrace

8.The Pictures on My Wall

9.All That Jazz

10.Happy Death Men



 

クロコダイルズ

クロコダイルズ

 

 


XTC 「Living Through Another Cuba」

本日はXTCの「Living Through Another Cuba」。彼らの4枚目のAlbumの3曲目に収録されている。XTCはUKのBandで特に80'sに良作を残した。