Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Loud

Rihannaが2010年にReleaseした5th Albumで、Billboardで3位を記録している。Grammy Award for Album of the YearにNominateされ、Worldwideで800万枚を売り上げた。

RihannaはBarbados出身のSingerで2005年から活動をStart。幸運にも16歳の時Def Jamと契約し、飛ぶ鳥を落とす勢いでR&B Divaへと上り詰めた。間違いなく21世紀以降DebutしたArtistの中では最も成功した存在で、様々な記録を樹立している。有名なのはBillbordで21世紀以降最も1位を獲得したArtistと1年で4曲を1位に送り込んだという記録。
音楽性はTrendに合わせて移り変わる傾向があり、DancehallからPopまたEDMなど様々なTypeのTrackに挑戦している。

さてAlbumについてだが、かなりPop感が強くなった印象を受ける。近年TrendのDance Popにいち早く乗っかったと言ったとこだろう。
Openingの「S&M」は力強いRihannaのVocalが堪能出来る仕上がりでBillboardで1位を獲得。ProduceはStargateで、他にも2曲担当していて共に1位を獲得している。
その1つが「What's My Name?」で、DrakeのRapが入るTimingが面白い。Electro R&Bの中でも極上の1曲。
もう1つは「Only Girl (In the World)」。こちらはかなりDance寄りの仕上がりになっている。
「Cheers (Drink to That)」ではAvril Lavigneの「I'm with You」と意外なTrackをSampling。原曲のBallade調から一転し、Happyな雰囲気が漂う。
Weddingで使えそうな「Fading」はPolow da DonがProduce、「Man Down」は彼女お得意のReggae Songに仕上がっている。
「Raining Men」はNicki MinajをGuestに迎えHip Hopを披露。生き生きとしたGuestのNickiのRapに注目。
Endingの「Love the Way You Lie (Part II)」はEminemがOriginalで両者の比重を上手く変えて作られている。このPatternはJay-Z and Aliciaの時も見られた。
Highlightは「California King Bed」。このTrackだけ少し浮いてしまってるように感じる程、Acoustic Guitarも印象的なRihanna屈指のBallade。




 



 

 

 




 

Loud [Explicit]

Loud [Explicit]

 

 


「Where Have You Been」