Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

1999

 Princeの5th Albumで彼の出世作にあたる作品。ReviewとSales両方で成功した最初のAlbumと言えるだろう。

Prince(本名 Prince Rogers Nelson)はMinneapolis出身のArtistで1976年に活動をStart。
Princeは現在まで39枚のOriginal AlbumをReleaseしている。ほぼ毎年Releaseしていることになるのでこれだけでも凄い事だが、特に80'sのAlbumの出来は賞賛に値するだろう。Blackの中では80'sという時代をMichael Jacksonと共に牽引した存在と言える。
またMulti Instrumentalistとしても有名で、27種類以上のInstrumentを操る。ProducerやActorとしても活躍した。
Rolling Stone Magazineからの評価は高く、偉大なSinger ・ Guitarlist ・ Artist全てに選出されている。現時点でRecordのSalesは1億以上を記録。
彼を一言で表現するならPrince=Talentだろう。毎年のように独創的なTrackを世に送り込めるArtistは数少ない。さらに彼はMajorなGenreのほとんどを飲み込み、自分の世界観で表現し続けたからだ。
個人的にはPrinceは別次元のFieldに立っているので、彼を追い越せるArtistはいないだろう。結果、彼のFollowerは生まれなかった。Talentがもたらした永遠のOnly One。

さてAlbumだが、80'sの創造性の爆発が感じられる最初の作品という位置づけでよいだろう。Princeの最高傑作に挙げるListenerも多い。
OpeningはSingle Cutの「1999」。Billboardで12位に到達した。Pop TuneながらSoundからFunkを感じられる絶妙なTrack。
Highlightは「Little Red Corvette」。こちらもCutされて、Billboardで6位を獲得した。PrinceのEmotionalなVocalが光る名曲だ。「1999」と同様でRolling Stone's 500 Greatest Songs of All Timeに選出。
「Delirious」と「Let's Pretend We're Married」もSingle Cut。「Delirious」はBillboardで8位を記録し、Rockabillyを感じるBassが心地良い。
「D.M.S.R.」 ・ 「Automatic」 ・ 「Lady Cab Driver」は8~9分のLengthだがLastまでしっかり構成されたFunk Number。「D.M.S.R.」については収録してないVersionがあるので注意。
「Something in the Water (Does Not Compute)」と「All the Critics Love U in New York」のAvant-gardeなSoundもGood。
EndingのBallade「International Lover」では語りかけるようなVocalがSexy。
最後にPrinceは2016年4月21日に永眠された。哀悼の意を表して上記の文とする。











 

Track listing
 
1.1999

2.Little Red Corvette

3.Delirious

4.Let's Pretend We're Married

5.D.M.S.R.

6.Automatic

7.Something in the Water (Does Not Compute)

8.Free

9.Lady Cab Driver

10.All the Critics Love U in New York

11.International Lover




 

1999

1999

 

 



Prince 「Batdance」

本日はもちろんPrince続きで「Batdance」。BatmanのSoundtrackからのCutでBillboardで1位を記録した。関係ないが「Dark Night」との差が凄すぎる。