Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Process

f:id:akira1987sasaki:20180114174356j:plain
Samphaが2017年にReleaseしたDebut Album。Pitchforkを筆頭に各音楽誌に称賛された。UKで7位を獲得。
 
SamphaはLondon出身のSingerで2009年活動をStart。SBTRKTとのCollaborationやBBC Sound of 2014のNominateで注目を集め、ようやく2017年Debut。近年はDrakeやKanyeの作品へ参加など、動向から目が離せないArtistの1人。
 
Albumは自身とRodaidh McDonaldのよるProduce。Lengthが短いのも功を奏して、よくまとまった作品に仕上がっている。
Openingは「Plastic 100°C」で絶対零度のElectronic Soundが特徴的。
続くはSingle Cutの「Blood on Me」。このTrackはElectronic Soundと彼のSoulfullな声のBalanceが丁度良い。
「Kora Sings」は民族の様なRhythmと、適切な効果音がお見事。しかしHighlightは「(No One Knows Me) Like the Piano」に譲ろう。こちらもSingle Cut。彼の声とPianoが最大限FeatureされたBallade。
「Under」は切迫感があるSoundを崩さないように、補うようなVocalで対応している。
お気に入りは「Timmy's Prayer」で、Single Cut。やたらとBlack Music色が濃いなと思ったら、WriterがKanye West。何処か温かみが感じられるTrack。
Endingは和独特の静けさを利用した「What Shouldn't I Be?」でEnd。
後述する彼の登場から、UKのClub and Black Musicに注目が集まりだしたのは本当に素晴らしい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Process

Process

  • サンファ
  • エレクトロニック
  • ¥1500

 

 Track listing

 
1. Plastic 100°C
 
2. Blood on Me
 
3. Kora Sings
 
4. (No One Knows Me) Like the Piano
 
5. Take Me Inside
 
6. Reverse Faults
 
7. Under
 
8. Timmy's Prayer
 
9. Incomplete Kisses
 
10. What Shouldn't I Be?
 
 
 

James Blake 「Retrograde」

 
2013年Releaseの「Overgrown」からのSingle。雪崩のようなElectronic Soundから、Ambientのような静けさへの変動。彼の糸のような細い声全てがGreat。