Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Get Rich or Die Tryin'

f:id:akira1987sasaki:20190923224256j:plain

50 Centが2003年にReleaseしたDebut Albumで、USで1位・UKで2位を獲得した。Worldwideで1400万枚以上をSalesしたMonster Album。

 

50 CentはNYのQueens出身のRapperで1996年に活動をStart。Debut前はDrug Dealerとしての経歴が影響してか、9発の銃弾を被弾するなどTrouble続きでBlacklist入り。Debutは遠退いたが、暫くしてEminemに見出だされDr. DreのLabelと契約した。Debut後の快進撃は凄まじかったが、年々失速し近年音沙汰のない状況だ。

音楽性は「Hardcore」「Gangsta 」というWordがピッタリの破壊力のあるRapが魅力。

 

AlbumはEminemDr. DreなどがExecutive Producerに名を連ね、各音楽誌も好意的に受け止めた。

Openingの「Intro」から間髪入れず、作中では割とStandardな「What Up Gangsta」に突入。続くはEminemがFeaturing and Produceで参加した「Patiently Waiting」。このTrackで著名だが、50 Centの少し外したようなFlowがたまらない。

「Many Men (Wish Death)」は銃弾の音でStartするMiddle TempoのTrackだが、新人とは思えない貫禄がある。Single Cut。

Highlightは当然「In da Club」。Worldwideで1位を獲得し、Grammy AwardsにもNominateした名曲。Dreお手製のBeatsと50のRapがカチッとはまったPhysical強めのTrack。PVも秀逸。

 DreがProduceのTrackが「Heat」「If I Can't」と続くが、Gangsta Rap全開で中盤を繋いでいく。

G-UnitのMemberを招いた「Blood Hound」「Like My Style」は、RhythmがMemberの雰囲気に寄っていて面白い。

USで3位・UKで5位を記録した「P.I.M.P.」は、Reggaeの雰囲気もBlendされた気怠いRapが印象的。

Billboardで1位を記録した「21 Questions」は、作中最もSweetなTrack。Nate Doggの効果も大いにあるが、この路線も全然ありでは?と思わされた。

 「Back Down」がXXLのGreatest Diss Tracksに名を連ね、1001 Albums You Must Hear Before You Dieに選出される等、名実ともに2000'sを代表する名盤と言って過言ではないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Get Rich or Die Tryin'

Get Rich or Die Tryin'

  • 50セント
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥1300

 

 

 

 

「Just a Lil Bit」 「Ayo Technology」