Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Here's Little Richard

f:id:akira1987sasaki:20200615194352j:plain

Little Richardが1957年にReleaseしたDebut AlbumでUSで13位を獲得した。Rolling Stone 's the 500 Greatest Albums of All Timeにおいて50位に選出されている。

 

Little RichardはGeorgia出身のArtistで1951年に活動をStart。力強いVocalと激しいPiano Playで人気を博し、今ではRock and Rollの創始者としても非常に有名。

人気絶頂の1957年に1度引退してるが、1962年に復活してからは2013年まで活動。2020年にCancerにより永眠された。

彼がRockのLegendであることに疑いの余地はなく、Rolling Stone's 100 Greatest Artists of All Timeでは8位に選出、The Rock and Roll Hall of Fameに殿堂入り、Atlanta Olympicsの閉会式でのPiano Play等勲章を挙げれば尽きることはないだろう。

 

AlbumはOpeningからUSで21位を記録した「Tutti Frutti」でStart。ElvisのCoverが有名だがこちらが本家。永遠のRock and Roll Standardであり、Rolling Stone 's 500 Greatest Songs of All Timeにおいて43位に選出。

SaxophoneやTenorを導入した軽いTouchの「True, Fine Mama」も心地良いが、Little Richardの声質が堪能出来るSimpleな「Can't Believe You Wanna Leave」を個人的には推したい。

「Ready Teddy」もSingle Cutで、こちらも王道のRock and Roll。Speed感溢れるSoundと捲し立てるようなVocalがCool。

同様にTempoの速い「Slippin' and Slidin'」も聞き応え抜群だが、Highlightは「Long Tall Sally」。Chorusよりも力強いVerseのVocalに圧倒されるだろう。USで13位を獲得し、Rolling Stone 's 500 Greatest Songs of All Timeにおいて55位に選出。

後半の「Rip It Up」「Jenny, Jenny」も名曲で多数のArtistにCoverされているが、ここまでCoverが多いとRock and Rollの教科書と言っても過言ではないだろう。

Endingは多数のArtistが多彩な楽器で参加した「She's Got It」。まるでLittle Richard Orchestra状態だが、あくまで主役はLittle Richardで成り立ってる存在感が凄い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Here's Little Richard (Deluxe Edition)

Here's Little Richard (Deluxe Edition)

  • リトル・リチャード
  • ロック
  • ¥2343

 

 

 

 

 

 

「Loco-motion」