Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Tickets to My Downfall

f:id:akira1987sasaki:20201123210832p:plain

Machlne Gun Kellyが2020年にReleaseした5th Album。USで初の1位、UKでも3位を記録した。

 

OpeningはAcoustic Guitarで軽やかにStartする「Title Track」で、途中から本作のThemeでもあるPop Punkに転調。

続くはPunk感強めな「Kiss Kiss」。Gig栄えしそうなChorusとGuitar Soloが特徴的。

「Drunk Face」辺りから完全にPop Punkに移行するが、真骨頂はSingle Cutにもなった「Bloody Valentine」で間違いなし。これぞ現代版Pop Punkと呼ぶに相応しく、絶妙なGroove感とPop感をBlend。

「Forget Me Too」ではSpeed感溢れるBacktrackに合わせて、HalseyとのDuetがSo Hot。「All I Know」もPop PunkのBaseは崩さず、Trippie Reddをさりげなく参加させてるのはお見事。

ViolenceなShort Lengthの「WWIII」やInterludeの「Kevin and Barracuda」を挟みつつ、Single Cutの「Concert for Aliens」に突入。Chorusの最後のRoller CoasterのPhraseが個人的に刺激的。

HighlightはBlackbearを迎えたSingle Cutの「My Ex's Best Friend」。Pop Punk・Trap辺りを違和感なくCrossoverさせているのが素晴らしく、Pop感強めなのもTrackの質の向上に寄与した印象だ。

「Banyan Tree」はInterlude扱いだが、まるでMovieのSoundtrackそのまま引っ張って来ちゃいました感が何かツボ。

EndingはOpening同様にAcousticに回帰した「Play This When I'm Gone」。結果本作は大成功だったが、次のPressureが半端ないのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Kiss Kiss」