Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Dreams and Nightmares

 Meek Millが2012年にReleaseしたDebut Album。Debut作にもかかわらず、Billboardで2位にまで上り詰めた。

 Meek MillはPhiladelphia出身のRapperで2008年に活動をStart。現在までOriginal Albumは2枚のReleaseに止まってるが、Mixtapeは大量にReleaseしている。ちなみにMixtapeの評価は非常に高い。
Philadelphia出身ながら、Rick RossがFounderのMaybach Music Groupと契約。何故かSouthのRapperからのBackupが著しい。
またPrivateでも、DrakeとのBeefやNicki Minajとの交際が注目されている。

さてAlbumだが、Rick RossがExecutive producerを担当。豪華なGuestに惑わされがちだが、そこまでの派手さはなく落ち着いた作品に仕上がった。
まずTitle Trackの「Dreams and Nightmares」でOpening、Hardcoreな仕上がりでSingle Cutされている。
「Young & Gettin' It」もCutされていて、印象的なHookが持ち味だ。
「Traumatized」と「Tony Story (Pt. 2)」はDrakeでお馴染みのBoi-1daがProduce。SimpleなTrackにMeek MillのRapが冴え渡る。
Rick Rossを迎えた「Believe It」もSingle Cut。Rick RossのTrack同様、Dynamicな仕上がり。
「Maybach Curtains」はMeek Mill ・ Nas ・ Rick Rossの順でRapを繋いでいき、John LegendのVocalにより壮大さを感じられるように仕立てた。
DrakeとのCollaborationがCoolな「Amen」は当然Single Cut。現在Beefしてるとは思えない程、Trackにカチッと2人のRapがはまった。
「Young Kings」はSpeed感溢れるTrackに、しっかり高速のRapで対応。
Highlightは「Lay Up」。WaleとRick RossのRapやTrey Songzの雰囲気を壊さないVocalも素晴らしいが、純粋にTrackの完成度が高い。
「Who You're Around」は哀愁の強いTrackで、Mary J. BligeのVocalも非常に切なく聴こえる。
改めて聴くと、全体的にMeek MillのRap Skillが発揮されてるのがGood。Originalityをこれから出していけるかが注目だ。










 








 

Dreams & Nightmares

Dreams & Nightmares

 

 






「Super Bass」