Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Tha Streetz Iz a Mutha

f:id:akira1987sasaki:20200522203105j:plain

Kuruptが1999年にReleaseした2nd Album。Chartでの成績は奮わず、31位止まりだった。

 

KuruptはL.A.出身のRapperで、1991年に活動をStart。初期はDeath RowにてTha Dogg Poundとして活動していたが、Death Row脱退後はSoloでCareerをStartさせた。ConstantにAlbumをReleaseしていたが、2010年からはOriginal AlbumのReleaseはない状態だ。

 

OpeningはStraightなTrack「I Call Shots」でStart。OpeningのGuestがRoscoeなのが渋いね。続くはScratchが効果的な「Loose Cannons」。Producer及びGuestはDaz Dillingerが担当。

HighlightはPump it Up間違いなしの「Who Ride wit Us」。再びDaz Dillinger登場でもはや

Tha Dogg Pound。これぞWest Sideの真骨頂。

Snoopも参加したRap Relayの「Represent Dat G.C.」も良いが、Latoya Williamsを迎えた「Welcome Home」がBetter。MellowなTrackだが、見事にはまっている印象だ。

まさかのClassicalをSamplingした「Trylogy」はThe Haunted Mansionに誘われる様。

213が参加した「Neva Gonna Give It Up」も豪華なMemberで固めているが、Nate Doggの安定感を特筆すべきだろう。

そのNateの独壇場の「Girls All Pause」や、Dre産の「Ho's a Housewife」等佳曲が並ぶ。

しかし後半のHighlightと呼ぶべきは「I Ain't Shit Without My Homeboyz」で間違いない。Californiaの太陽を感じられるような爽やかなTrackで、もう1つのWest Sideの真骨頂。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tha Streetz Iz a Mutha (Remastered)

Tha Streetz Iz a Mutha (Remastered)

  • クラプト
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥1528

 

 

 

 

 

 

「On Fire」