Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Hybrid Theory

f:id:akira1987sasaki:20210109100401j:plain

Linkin Parkが2000年にReleaseした記念すべきDebut Album。USで2位・UKで4位を獲得し、WorldwideでChart In。SalesもWorldwideで3000万枚以上を記録している。

 

AlbumはDon GilmoreをProducerに迎え、Kerrang!が50 Best Rock Albums of the 2000sにおいて8位に選出。

OpeningからSingle Cutの「Papercut」でStart。Mike ShinodaのTightなRapとChester BenningtonのRap調のVocal、SolidなSoundと魅力満載。UKで14位。続くもUKで24位まで上昇した「One Step Closer」。こちらはRock色強めで、Scratchと交互にShoutするChesterが印象的。

Joe Hahnが大活躍のAutomaticな「With You」では、主役のMike ShinodaのRapで圧倒。一方「Points of Authority」は、Chesterが主役で飽きの来ない並び。

「Crawling」は今後のBandの音楽性に近い感じで、ClearなSound以上に抑揚を活かしたVocalがGood。こちらはUKで16位。間髪入れずStartする「Runaway」は、ChesterとMikeのRapの掛け合いで興奮。

「By Myself」はSound Approachに注目。VerseのTurntablesから、Chorusの制御不能なBand Soundで一気に爆発。

HighlightはUSで2位・UKで8位を記録した「In the End」。Opening and Endingの悲壮なPianoのMelody・ChesterがLeadしながら正統派なRapを放つMike・Alternative Rockとして上質なChorus等隙がない。

Pitchを上げたGuitar RiffにSpeedyなRapを乗せた「A Place for My Head」から、Endingの「Pushing Me Away」まで怒濤の37分45秒。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hybrid Theory

Hybrid Theory

 

 

 

 

 

 

「Papercut」