Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Soul Station

f:id:akira1987sasaki:20210108165344j:plain

Hank Mobleyが1960年にReleaseしたStudio Album。Jazzを代表する名盤の1つに挙げられる。

 

Hank MobleyGeorgia出身のTenor Saxophonistで1949年から1986年まで活動。しかし1970's に肺の疾患の為に引退している。初期はSidemanとして名だたるPlayerの作品に参加し、1955年からはLeaderとしてBlue Noteに良質な作品を量産した。"middleweight champion of the tenor saxophone"とも呼ばれる。1986年に永眠されている。

 

本作のMobley's QuartetはWynton Kelly (Piano)・Paul Chambers (Bass)・Art Blakey (Drums)という豪華な面々。

Openingを飾るのはIrving Berlin作のPopular Song「Remember」。艶やかなTenor SaxophoneからPiano→Bassに移り、LastはMobleyが締めくくる。圧倒的な完成度で当然Highlight。続く「This I Dig of You」は、陽気なMelodyが際立ったTrack。雰囲気を一瞬で変えるArt BlakeyのSoloも必聴。

怪しげなSoundでStartする「Dig Dis」は、MobleyのTenor Saxophone導入からはAdult向けのJazzにガラッと変わる。

圧巻のRhymeの良さで魅了する「Split Feelin's」は、躍動するPianoやMobleyとBlakeyの掛け合いがお見事。

Slow Tempoの「Soul Station」は、Long Lengthが項を奏しChambersのPlayを堪能出来るのが嬉しい。

EndingはRalph Rainger作の「If I Should Lose You」。何と言っても冒頭のTenor Saxophoneの音色がRefrainする瞬間が本当にたまらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Dig Dis」