Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Yo! Bum Rush the Show

 HIPHOP史上最重要GroupのPublic Enemyが1987年にReleaseした記念すべきDebut Album。各紙からの高評価は当然だが、UKのNMEが10点中9点なのは驚きを隠せないと言ったとこだろう。

Public EnemyはNYのLong Island出身のGroupで1982年に活動をStart。MemberはChuck Dを筆頭にもう1人のRapperであるFlavor Flav、DJ Lord ・ Khari Wynn ・ The S1W ・ Professor Griffで構成されている。Terminator Xは1999年に脱退。
Chuck DがRick Rubinに発掘されたのがGroup結成のきっかけだが、初期からThe Bomb SquadにProduceを任せ破壊力のあるSoundを実現した。そのSoundに乗っかるのはChuck Dが生み出す、政治的でもあり社会的でもあるLyric。この手法によりHIPHOPの影響力は高まり、より意味のあるものに進化した。
またAnthraxとのTourは伝説と化していて後のRap Metal Bandに大きな影響を与えたのは明らかだ。

Albumは全体を通してSimpleにすることにより、Chuck DのRapとHeavyなSoundが活きる作りになっている。Executive ProducerはRick Rubin。
まずHighlightの「You're Gonna Get Yours」でStartし、一瞬でPublic Enemy WorldにListenerは引き込まれるだろう。臨戦態勢のようなSoundと挑発的なLyricがCool。
「Sophisticated Bitch」と「Miuzi Weighs a Ton」ではTempoを落とし、よりHeavyなSoundを実現。Chuck DのRapとの相性が抜群だ。
「Timebomb」から間髪入れず始まる「Too Much Posse」はChuck DからFlavor FlavへのMic Relayのような感覚。
作中最もGroovyな「Rightstarter (Message to a Black Man)」ではBPMを上げ、Machinegun Rapで魅了してくれる。
後半はThe Bomb Squad産のSampling Noiseが活躍。「M.P.E.」や「Yo! Bum Rush the Show」の工場のようなSoundも良いが、「Raise the Roof」と「Public Enemy No. 1 (Public Enemy song)」の力強さは異常。










 

Yo Bum Rush the Show

Yo Bum Rush the Show

 

 

 

 

 

 

 

 


「Give It Up」