Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Bad Hop World

f:id:akira1987sasaki:20201101150113p:plain

Bad Hopが2020年にReleaseした3rd Album。BAD HOP WORLD 2020のCrowdfunding支援者には先行で届いた作品となる。Billboard Japanで5位を記録。

 

OpeningはBad Hop World TourのIntroductionでStartし、続くはBenjazzy・G-k.i.d・Barkの面々で担当した「The Lead」。Track自体はStandardなTrap。

「Round One」はDopeなBacktrackにYZERRのHookがバッチリはまる。Vingoも初登場。

KM Produceの切迫感が凄い「BAT MAN」は、一聴すると乗りこなすのが難しそうなTrackだが難なく処理したのは見事。Tiji Jojoが初参戦。

いよいよT-Pablow登場の「Project Boy」、Yellow Pato初参戦の「May Day」と本作の特徴でもあるSorrowな雰囲気のTrackが並ぶ。極めつけはKM Produceの「Suicide」で、Tiji Jojoの甘いTrapとT-PablowのDopeなTrapとのContrastがGood。

中毒性の高いSouthern風の「Chop Stick」や、初期を彷彿とさせるGangstaな「Wanted List」とVarietyも豊富。

しかしこのAlbumが最も輝くのはLast 3曲。Hiphop Dreamを体現した彼等だからこそ説得力のあるLyricが光る「Bayside Dream」、以前から得意分野の1つである爽やかな「Super Wave」と本当にTrackのQualityが高い。EndingにしてHighlightは「Hood Gospel」で、担当はYZERR & T-Pablow・BarkのMember。この3曲に共通しているのがよりTrendのTrapに近いこと。MainstreamでHiphopの市場が高まるなか様々な形でRapperが勝負を仕掛けているが、今一番海外に近いのは間違いなくBad Hopだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BAD HOP WORLD

BAD HOP WORLD

  • BAD HOP
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥2444

 

 

 

 

 

「Round One」