Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

RTJ4

f:id:akira1987sasaki:20201220102856p:plain

Run the Jewelsが2020年にReleaseした4th Album。USで10位・UKで9位を記録した。

 

Run the JewelsはUnited Statesを起源とするGroupで、2013年に活動をStart。MemberはEl-PとKiller Mike。両者共にSoloの頃から名を馳せていたが、客演等を切っ掛けに仲を深めたか?

音楽性は社会派なLyricの効果もあり、毎回Releaseする度に各音楽誌から高評価を得る。

 

Albumはいつも通りEl-PのProduceだが、Josh Hommeの名前もCredit。こちらもTaylor同様に各音楽誌のYear End Listsに選出され、何故かNMEが1位?

Openingは切迫感あるBacktrackに硬派なRapを当て込んだ「Yankee and the Brave (Ep. 4)」でStartし、続くはGreg Nice and DJ Premierを迎えた「Ooh La La」。SamplingにGang Starrの頃の「DWYCK」をChoiceし、Dope BeatsとFinaleのScratchも粋。少し砕けた2人のRapの掛け合いが何よりお見事。

特徴的なBacktrackに2 Chainzと共にRapで捲し立てる「Out of Sight」や、Tribe系のRhymeから不穏なMoodに転調する「Holy Calamafuck」とこだわりが凄い。

「Goonies vs. E.T.」はTitleにちなんでBattle Musicか?

Speedyな転調にどうしても注目してしまうが、「Walking in the Snow」はHighlightの「Just」同様にBLMにも関連する社会派なLyricが素晴らしい。「Just」はPharrell Williams and Zack de la Rochaを迎え、Microphoneを回す順番まで完璧。

後半もRock色の強い「The Ground Below」や、Tripした脳内で歌われているような「Pulling the Pin」と一筋縄ではいかないTrackが続く。

EndingはEnd of The World的な空気感の「A Few Words for the Firing Squad (Radiation)」。LastのNarrationは次作への布石かな…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RTJ4

RTJ4

  • ラン・ザ・ジュエルズ
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥1630

 

 

 

 

 

 

「Out of Sight」