Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

The 20/20 Experience -2 of 2

 Justin Timberlakeが2013年にReleaseした4th Albumで、前作からわずか6か月という短いSpanでReleaseされた。前作の続編という位置付けになっている。

AlbumはSalesや評価は前作より劣っているにもかかわらず、Billboardでは堂々1位を記録した。

OpeningはElectro FunkにTryした「Gimme What I Don't Know (I Want)」でStart。Show Timeのような構成がお見事。

「True Blood」から「TKO」はTimbalandの独壇場という仕上がりだが、「TKO」はSingle Cut 。「Cabaret」はFeaturing DrakeでDrakeのRapの入りが素晴らしい。
Discoの雰囲気を持った「Take Back the Night」は秀逸で、Michael Jacksonを彷彿とさせる。今後この方向性にも期待したい。
「Murder」では前作でも組んだJay-Zを迎えたが、Jay-Z は本当にどんなTrackでも乗りこなすなというのが第1印象だ。
「Drink You Away」や「Only When I Walk Away」が今作の個人的には目玉で、Rock寄りのApproachが見られる。Timbaland は元々OneRepublicなどのBandを発掘しProduceしたこともあるので驚きはしなかったが、Justinが自然に適合してるのには驚きだ。今後期待するのはJustin Timberlake+Timbaland+RockまたはJustin Timberlake+Disco+Pharrell Williams。

Highlight は「Not a Bad Thing」。これも「Mirrors」のような雰囲気で爽やかなPop Tune に仕上がっている。途中からHidden trackとして「Pair of Wings」が流れるがRockでよく見られる手法だ。


 

 










「I Stand Alone