Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

People's Instinctive Travels...

A Tribe Called QuestのDebut Albumで1990年にReleaseされている。The Sourceが5 micsでPitchfork Mediaが満点の10点の評価を下した。

A Tribe Called QuestはNYのQueens出身のGroupで1985年に活動をStart。1998年に解散しているが、2006年から2013年と2015年から2017年に一時活動を再開している。
MemberはQ-Tip ・ Phife Dawg ・ Ali Shaheed Muhammad ・ Jarobi White。
彼らはNative Tongues一派の一員であることは非常に有名。Native TonguesとはDe La Soulや Jungle Brothersなどを中心にNew School Hip Hopの一時代を築いたTribeで、Gangstaな路線とは一線を画すのが特徴。CommonやThe Rootsなども所属。HIPHOPというGenreを日常的なものにし、より多くのListenerに聴けるものに変えたと言っていいだろう。
A Tribe Called Questの音楽性としてはやはりJazzの要素が強いSoundが挙げられ、その差別化されたSoundはAlternative Hip Hopとしても扱われる。

AlbumはSelf Produceで製作され、すでにAlternativeな雰囲気が確立されている。
Openingの「Push It Along」は7分越えのLengthで、赤ちゃんの泣き声でStart。俺らはGrover Washington Jr.をSamplingしちゃうぜと言わんばかりにJazzyなEssenceをぶちこむ。
Beatlesの「All You Need Is Love」を挟んでStartする「Luck of Lucien」は、非常にCoolなTrack。HookがBacktrackとSpoken Wordのみの斬新さを織り混ぜて。
「After Hours」「Footprints」はQ-TipのSolo。特に「Footprints」での「Sir Duke」のSampling方法には脱帽。
冒頭のSpanish Guitarが印象に残る「I Left My Wallet in El Segundo」はSingle Cut。こちらはThe Chambers Brothersの「Let's Get Funky」をSampling。
「Bonita Applebum」もCutされていて、こちらは後のJazz Rapに繋がるようなBacktrackを確立している。またRAMPの「Daylight」がめっちゃ効果的。
HighlightはLou Reedの「Walk on the Wild Side」をあからさまに使用した「Can I Kick It?」。Daily Useな感じで、多くのArtistにCoverされた初期の代表曲。
「Youthful Expression」や「Rhythm (Devoted to the Art of Moving Butts)」なんかはSimpleな作りだが、Trackとしての水準が非常に高い。
MemberをTitleに冠した「Mr. Muhammad」はMellowな感じだが、一方で「Ham 'n' Eggs」のRapでPlayしてるような騒がしい感じもたまらない。
「Go Ahead in the Rain」とEndingの「Description of a Fool」は正統派Hiphop。特に「Go Ahead in the Rain」でのFunkなRhymeと力強いBeatsにやられた。







 

 

 





 

People's Instinctive Travels and the Paths of Rhythm (25th Anniversary Edition)

People's Instinctive Travels and the Paths of Rhythm (25th Anniversary Edition)

 

 



「N.T.」