Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Believe

 Justin Bieberが2012年にReleaseした3rd AlbumでWorldwideで1位を記録。翌年にAcoustic VersionもReleaseされた。

 Justin BieberはCanada出身のSingerで2008年に活動をStart。Justin BieberがRecord契約するのにUsherが一役買ったのは有名な話で、現在もProducerとして必ずUsherの名前がCreditされる。これまで順調なCareerを積んでるが、Private Lifeで度々騒動を起こしてしまうのが少し残念だ。
音楽性としては初期はTeen Popの王道という雰囲気だったが、近年はTrendに上手く適応した作品をReleaseしている。特にElectro色の強いSoundとの相性は素晴らしい。この相性については、Jack UにFeaturing Guestで参加した「Where Are Ü Now」で証明済み。
まだ22歳という若さなので、これからが楽しみなArtistの1人だ。

さてAlbumだが、Executive Producerは前作に引き続きScooter BraunとUsherが担当。Justin Bieber自身もExecutive ProducerにCreditされている。TrendだったEDMの影響が感じられるTrackも多々収録された。
OpeningからSingle Cutの「All Around the World 」でStart。LudacrisのRapが良いSpiceになっている。
「Boyfriend」もCutされUS ・ UK両Chartで2位を記録。Club BeatsとAcoustic SoundをMixし、R&B風に歌い上げたCatchyなTrack。ProduceでMike Posnerが参加。
Big SeanをGuestに迎えた「As Long as You Love Me」はEDMの影響が色濃いが、Soundとは正反対に苦悩してるような歌い方をしているのが印象的。Billboardで6位を獲得。
「Catching Feelings」や「Be Alright」は爽やかなAcoustic Soundで聴きやすい作りだ。
Hit-BoyのProduce「Right Here」もSingle Cut。GuestのDrakeがVocalとRapで大貢献している。OpeningにScratchを入れる発想がGood。
「Die in Your Arms」はPopな作りで、Chorusの歌い方が面白い。
DiploのProduceの「Thought of You」も良いが、HighlightはZeddがProduceした「Beauty and a Beat」。Billboardで5位を記録。UpperなDance Tuneで、Nicki MinajのRapがさらに拍車をかける。PVもGreat。
Endingの「Believe」はMagnificentなTrackで、Soulfulに歌い上げる。

















 

BELIEVE

BELIEVE

 

 





「Good for You」