Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Justice

f:id:akira1987sasaki:20210324201758p:plain

Justin Bieberが2021年にReleaseした6th Album。現時点でUKでは2位を記録しており、WorldwideでChart Inが有力視される。

 

AlbumはAndrew WattとSkrillexの比重が大きいが、前作に比べてVariety豊富なProducerを集結。

Openingは最近の作品ではお馴染みとなったShort LengthでIntro感を演出する「2 Much」でStart。続くはAndrew WattがProduceのStandardな「Deserve You」。

Khalidを迎えたPop Senseが光る「As I Am」や、「Love Yourself」を彷彿とさせるAcousticな「Off My Face」等前半はPopに回帰したTrackが散りばめられた。

Billboardで3位まで上昇した「Holy」は、前半のHighlightと言っても過言ではない出来栄え。Chance the RapperのSelectも完璧なPeacefulな空気感のGospel Pop。

「Unstable」featuring the Kid Laroi はGuestに合わせてEmo Rap特有の陰鬱さが見え隠れするTrack。

「MLK Interlude」を皮切りにDance Tuneが目白押しで、最初はLetroなBacktrackの「Die for You」でStart。続くはUKで10位を記録した「Hold On」。SynthpopをBaseにJustinの力強いVocalが際立った万人受け必須のTrack。

Skrillex産のMidnight Groove感満載な「Somebody」や、ChorusでAcoustic Guitarを導入した斬新なDance Tune「Ghost」も質が高い。

前作の延長線上に位置するR&Bを意識した「Peaches」は、Daniel Caesar and Giveonという渋いMemberが参加。Tropical House風のSoundにDancehallのEssenceを加えた「Love You Different」や、Skrillex再登場でAfropopのNew StarとCollaborationを果たした「Loved by You」等Genre LessなTrackが続く。

Billboardで6位を獲得した「Anyone」では、PVの雰囲気も相まってChampionの風格すら漂う。Popに完全回帰し、今の時代に必要な希望に満ち溢れたTrack。

EndingにしてHighlightがBenny Blancoが携わった「Lonely」。超Minimal志向のBalladで、Justinにしては珍しい。Pianoの旋律とJustinのVocalだけで他は何もいらない事を証明した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Hold On」