Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

The Thrill of It All

f:id:akira1987sasaki:20180101023250p:plain

 Sam Smithが2017年にReleaseした2nd Album。UK·USなど主要なChartで1位を獲得した。

 

Sam SmithはLondon出身のSinger Songwriterで2007年に活動をStart。Debut前から客演などで注目を集め、BBC Sound of 2014

で1位になる名誉を得た。

Debut Albumは69週連続でUK Chart Top 10にInし続け、Guinness World Recordsに認定されている。また、Grammy Awardsを4部門受賞。確かにRelease当時から、LondonのHMVでPower Pushされていたのが個人的に印象深い。

音楽性としてはPOPになるのだが、House系統のTrackとも非常に相性がいい。そして何と言っても世界有数の歌唱力が挙げられるだろう。これからは様々なGenreにTryし、名曲をたくさん残して欲しいと願っている。また影響を受けたAdeleと共に、UKの音楽界を牽引してくれるだろう。

 

Albumは前作同様、Steve FitzmauriceやJimmy NapesをProducerに迎えている。一応Popに振り分けたが、Soulにだいぶ寄った作品に仕上がった。

Openingを飾る「Too Good at Goodbyes」はGospelのような仕上がり。彼のSoulfulな声が上手く引き出されている。UKで1位·USで4位を獲得した。

「One Last Song」ではUKならではのSoulを聴かせる。こちらもSingle Cut。

 「Midnight Train」は訴えかけるようなVocalがGood。

個人的にお気に入りは「Burning」。彼のEmotionalなVocalが光るBallad。Pianoの音色も美しい。

Chorusの雰囲気が最高な「Baby, You Make Me Crazy」は陽気なGospelに仕上げた。

「No Peace」は徐々に熱くなっていく2人のVocalがGreat。featuring などが増えた今、Collaborationする意味を考えさせられるTrack。

CMでもお馴染みの「Palace」は冬の香り漂うBallad。貫禄さえ感じる。

EndingにしてHighlightは「Pray」。ProduceはまさかのTimberland。細かい音使いは流石と言ったところで、Endingの盛り上がりまで完成度の高いTrack。名曲だろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Writing's on the Wall」