Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Let It Be

f:id:akira1987sasaki:20201230132511j:plain

 The Beatlesが1970年にReleaseした12th Albumで、Worldwideで1位を獲得した。同TitleのFilmにも一部Soundtrackとして収録。Pitchforkが9.1の高評価で、Rolling Stone's 500 Greatest Albums of All Timeにも選出。


The BeatlesJohn LennonPaul McCartneyGeorge HarrisonRingo Starrの4人からなるBandで、UKのLiverpool出身。こんな説明は不要なぐらい、世界的に有名で愛され続けるBandで活動期間は10年程だが最も成功したBandとも言える。もはや、人として生まれてきたのなら知らないとまずいだろう。Rolling stoneの偉大なArtistにおいて堂々1位、Rockの殿堂入りも当然している。

 

AlbumはPhil Spectorが最終的に短期間でまとめたが、PaulはArrangeに一部不満を持っていたのは有名な話。Artworkは後のBandにも影響を与えたDesign。

OpeningはJohnのTalkで幕を開ける「Two of Us」。全体を通してSoftなFolk Rockで、Writing and VocalはLennon–McCartney。続く「Dig a Pony」はJohnらしさ溢れるBlues Rock。

Johnの対極の一面が項を奏した「Across the Universe」は、憂いや儚さを表現した一流のVocalに癒されるだろう。Tambura等を駆使する事によりPsychedelia感が増し神秘的に。

GeorgeがWriting and Vocalの「I Me Mine」は、渋めのVerseから解放されたかの様なChorusの荒々しいGuitarを何度も待ってしまう。

The Beatles史上最高のBalladの呼び声も高い「Let It Be」は、Worldwideで1位を獲得。最初はPaulのPianoとVocalのSimpleな幕開けだが、徐々にRock色を強めていく。Mary Patricia McCartneyの夢にちなんだLyricの話や、Gospelの影響でHolyな感じも強い。誰もが1回は聴いたことはあるMelodyだろう。

Pearl JamもCoverしたHardなBlues Rock「I've Got a Feeling」や、50's にTime Travelしたかの様な「One After 909」も良質。

Billboardで1位を獲得した「The Long and Winding Road」は、Paulお得意のPianoをBaseにしたBallad。もちろんVocalもPaul。Phil SpectorのOrchestral and Choral Overdubsは賛否両論だが…Melodyは秀逸。

EndingはHighlightの「Get Back」で、Worldwideで1位を獲得。Band解散の危機に集められたSessionで作られたのが有名で、それぞれのPartが際立って聴こえるTrack。特にJohnの余裕の感じるGuitarが個人的には好きだ。もちろんBilly PrestonのElectric Pianoも必聴。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Let It Be

Let It Be

 

 

 

 

 

「Across the Universe