Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Sweet Baby James

f:id:akira1987sasaki:20210411122401j:plain

James Taylorが1970年にReleaseした2nd Album。UKで6位・USで3位を記録した代表作。

 

James TaylorはBoston出身のSinger-songwriterで1966年に活動をStart。1980年以降はSlow Paceだが、直近では2015年にStudio AlbumをRelease。Rolling Stoneの偉大なSinger ・ Artistに選出されていてRockの殿堂入りも果たしたが、特記すべきはThe Kennedy Center Honorsの受賞だろう。

 

Albumはお馴染みのPeter AsherのProduceで、Rolling Stone's 500 Greatest Albums of All Timeにおいて104位に選出された。

OpeningにしてHighlightは「Sweet Baby James」。何処か躍動するTempoが心地良く、Chorusの最後の「Sweet Baby James」が何度も聴きたくなる。

爽やかに幕を開ける「Lo and Behold」は、Chorusを皮切りに場末感が増していく。

個人的お気に入りは心踊るGuitar Phraseが特徴的な「Sunny Skies」。Titleも相まってPicnicに行きたくなるTrack。

ElvisもCoverした「Steamroller Blues」は、こちらもChorusを皮切りに厚くなるSound Productionに注目。

Titleを彷彿とさせるChorusのRiffが素晴らしい「Country Road」は、Folk and Countryに精通しているJamesならではのTrack。

「Oh, Susannah」はStephen FosterのCoverで、JamesのSenseの高さが伺える。

Lyricの影響もあり少し憂鬱なSoundで表現した「Fire and Rain」はBillboardで3位を記録している。

Chorus入りが自然過ぎる「Blossom」や、EndingのParadeの様な「Suite for 20 G」まで全く隙がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Sunny Skies」