Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Cosmo's Factory

Creedence Clearwater Rivivalの5枚目のAlbumでUS・UK共に1位を獲得した。Peak時の1970年にReleaseされただけあって、最高傑作の呼び声も高い。結果最も売れたAlbumとなった。

Creedence Clearwater RivivalはSan Francisco出身の4人組Band。活動期間は1967年から1972年と短いが今でも語り継がれるRock Legendだ。その要因は音楽性にあるだろう。Roots Rockとは昔からあるFolk・Country Music・Bluesなどを見つめ直したもので、彼らの音楽はその中でもSwamp Rockと呼ばれ南部色が強いのを特徴としていた。
しかしそれだけでは今でもAmericaで人気を持続するのは難しいだろう。Americanの根本であるRoots MusicをBaseにJohn Fogertyの荒々しいVocal、さらにSong Writing力の高さ、この3点が合わさることにより今の地位を確立したと言って間違いないだろう。

さてAlbum自体はよくまとまっているが同じようなTrackが羅列されてるわけでなく、どのTrackも個性的な作りで集大成的な仕上がりを見せている。間違いなく名盤と言えるだろう。
まず曲の変調が特徴的な7分越えの「Ramble Tamble」は列車に乗ってるような感覚の楽しいTrack。
「Travelin' Band」はSingle Cutで2位を獲得したJohn FogertyのVoiceもピッタリなRock and roll。こちらのB-side「Who'll Stop the Rain」はFolkをBaseにしたTrackでRolling StoneのGreatest Songsにも選出されている。
しかしHighlightは4位を獲得した「Run Through the Jungle」にしたい。彼らのImage通りの泥臭いTrackで、Titleを連想させるRiffがたまらない。
こちらのB-sideも秀逸で
Hanoi RocksのCoverも有名な「Up Around the Bend」。PowerfulなTrackでFilmでもよく使用されている。
2位に到達した「Lookin' Out My Back Door」はCCRらしい南部色の強いTrackだ。B-sideはEnding Trackの「Long As I Can See the Light」でSoulfullに歌い上げている。
他4曲はCoverだが、最も素晴らしいのはMarvin GayeのCover「I Heard It Through the Grapevine」だろう。Adlibが効いて11分超えのLengthになっているが、非常に聴きごたえのある仕上がりになっている。間違いなく最高のCoverの1つだ。



 

 

 

 

Track listing

1.Ramble Tamble

2.Before You Accuse Me

3.Travelin' Band

4.Ooby Dooby

5.Lookin' Out My Back Door

6.Run Through the Jungle

7.Up Around the Bend

8.My Baby Left Me

9.Who'll Stop the Rain

10.I Heard It Through the Grapevine

11.Long as I Can See the Light



 

COSMO'S FACTORY-40TH ANN.

COSMO'S FACTORY-40TH ANN.

 

 

 



Today's No.1 Song

本日は前述したMarvin Gayeの「I Heard It Through the Grapevine」。US・UK共に1位に輝いた彼の代表曲。当然Rolling StoneのGreatest Songsにも選出されている名曲だ。