Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Either/Or

f:id:akira1987sasaki:20180222000052j:plain
 Elliott Smithが1997年にReleaseした3rd Album。Pitchforkが満点評価を付け、NMEが500 Greatest Albums of All Timeに選出している。
 
Elliott SmithはNebraska出身のArtistで、1991年から2003年まで活動。初期はHeatmiserというBandで活動していたが、1994年にSolo Debut。
Constantに作品をReleaseする一方で、PrivateではDrug · 鬱病 · 自殺願望 · Alcoholismなど様々な問題を抱えていた。2003年に永眠しているが、自殺か他殺かは未だに明らかになっていない。彼の死後L.A.にあるSolutions Audioの壁に、数多くのFanがMessageを寄せている。
 陰鬱な雰囲気のTrackが多いが、生身の自分をさらけ出すような飾らない音楽性が最大の魅力だろう。またMultiplayerとしても評価が高い。
Film「Good Will Hunting」のSoundtrackに提供した「Miss Misery」で、70th Academy Awards for Best Original SongにNominateしたのは彼の華々しい唯一の功績かもしれない。
 
AlbumはMultiplayerとしての才能を発揮し、Elliott Smith自身で全てPlayしている。ProducerとしてTom RothrockとRob Schnapfが加入した。
OpeningはSingle Cutの「Speed Trials」。静けさ漂うSimpleなTrack。続く「Alameda」と「Ballad of Big Nothing」ではSoundは厚みを増し、少し暖かみを感じられる仕上がり。
Single Cutの「Between the Bars」は、Film「Good Will Hunting」でも効果的に使用された。短いLengthながら、彼の代名詞とも言える陰鬱なIndie Folk。
やたらとPopな「Pictures of Me」の次は、その反動のように鬱状態な「No Name No. 5」へ流れ込む。
 「Angeles」も「Good Will Hunting」Soundtrackに収録。SeriousなVocalとGuitarが非常に印象的なTrack。
 Band Sound全開の「Cupid's Trick」や、憂鬱なRiffを生み出した「2:45 AM」なども良質。
Highlightは「Say Yes」で、こちらもSoundtrackに収録。前述した通り、生身の自分をさらけ出すようなSoundに値するだろう。まるで希望の光が差し込んだような感覚。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 

 

Track listing

 

1. Speed Trials

 

2. Alameda

 

3. Ballad of Big Nothing

 

4. Between the Bars

 

5. Pictures of Me

 

6. No Name No. 5

 

7. Rose Parade

 

8. Punch and Judy

 

9. Angeles

 

10. Cupid's Trick

 

11. 2:45 AM

 

12. Say Yes

 

 

 

Fiona Apple 「Criminal」

 

 1996年Release「Tidal」からのSingle。Billboardで21位を記録。Fiona AppleはNY出身のArtistで1996年に活動をStart。

PVが物議を醸したが、TrackはGrammy Award for Best Female Rock Vocal Performanceを受賞。Fiona Appleの声とAlternativeなSoundの結晶。